触れ合う事で生まれるセラピー効果です。

家庭で飼われているペットとして多いのが、犬や猫です。
小さな子供が入る家庭でペットを飼うことは、ペットの世話をしたり触れ合う事で命の大切さや愛情を持って接する事の大切さなどを学ぶ情操教育にもなります。
また、1人暮らしの人や高齢者夫婦にとっては、寂しさを紛らわしてくれる家族のような存在になるものです。
定年退職した高齢者等の場合、社会との繋がりが少なくなり外出の機会が減りがちですけど、犬がいれば散歩の為に外出しますから気分転換にもなるものです。
ペットと触れ合う事で癒し効果があることは知られていますし、精神的に落ち込んでいる時や病気の時等には、リラックスできるセラピー効果もあります。
ペットとセラピー効果については、科学的な根拠はわかっていない部分がありますけど、病院や介護施設などで、犬によるアニマルセラピーが効果を上げています。
動物には人間が失ってしまった能力があり、人間の感情に訴える事により、さまざまな効果が上がっています。

ペットの毛の掃除

毛のあるペットを飼っていると掃除が大変です。
例えば犬やネコなどはよく毛が抜けます。
ですので頻繁に掃除をしなければ、どんどん衛生状態は悪くなるのです。
そうならないためにもこまめに掃除をすることを心がける必要があります。
例えば、掃除の仕方としては、掃除機をかけるのが手っ取り早い方法です。
しかし、掃除機だけでは、なかなかペットの毛は取りきれないかもしれません。
例えば、ペットの毛が残りやすい場所として、絨毯などがあげられます。
絨毯には毛がたまりやすいですので、掃除機以外の方法で掃除をしたほうがよさそうです。
その掃除方法としては、コロコロ回して掃除をする粘着テープが考えられます。
しかしそれ以外にもゴム手袋もいいでしょう。
ゴム手袋で毛をかき集めるようにすれば、よくとれるのです。
しかし一番いい方法としては、毛が付きにくい素材のものを選び、そして掃除がしやすいように無駄なものを置かないという事が一番だと思います。