朝起きてから夜ベッドに入るまで、ペットがいなけらば一日口をきくこともない生活をおくる人は意外に多いと思います。
単身生活の人はもちろん、家族と同居していても、また通常の社会生活を贈っている人でも、一日の中で本音で言葉を口にする機会は以外と少ないということでしょう。
もちろん、ペットは世話をしなければならないので、責任をもって病院へ連れていったり、予防接種を受けさせたり、時間もお金もかかりますが、自分がいなければ生きていけないという100%自分あっての人生だという存在が貴重なのです。
少し悲しい事実なのかもしれませんが、それほど自分を大切だとしてくれる存在に癒されるのが人というものなのかもしれません。
自分なしでは生きていくことのできない命がこの世に存在するということが、今の自分の存在価値を示してくれている安心感がペットを飼う人が増えている本当の理由かもしれないと考えるのは私だけではないと思います。
ペットとは単に可愛いというだけではなく、自分の存在する意義を見出してくれる重要な癒しの存在なのです。

ペットのしつけ

もしもペットとして犬を飼うのであれば、しつけはきちんとしておく必要があります。
それというのも、しつけのできていない犬は、無駄吠えをしたり、散歩をしていても寄り道が多かったり、時には噛むことさえあるのです。
その噛むという行動は本当に危険なことになります。
散歩途中に他人が寄ってきても噛んでしまう可能性がありますので、他人に危害を与えてしまう可能性もあるのです。
そんなことでは安心して散歩をさせることもできなくなってしまいます。
そういった風にならないためにも、犬を飼うことが決まれば、きちんとしつけをしたいものです。
その犬をしつけるのに適した時期というのはいつごろからなのでしょうか。
やはりこれは早い段階からするのがいいといえます。
適している時期としては、生後一年以内くらいがいいといえそうです。
人間にも言える事ではありますが、年齢を重ねてからではしつけがしにくくなりますので、生後一年経過するまでにしつけをしておきたいものだと思います。